プリ小説

第21話

21
次の日…
あなた

隼おはよ!

いつものように話しかけてくるあなた。


昨日のことがあったから機嫌がいいのか、いつも以上に笑顔だった。
小森隼
小森隼
……おはよ
いつも通りいようって自分の中で決めたのに。


あなたを目の前にするといつも通りの自分じゃいられなくなる。
あなた

……隼?

小森隼
小森隼
ごめん…
俺はそう言って教室を出た。


ダメだ。


何やってんだ俺。


〜あなた~


今日は隼の様子が朝から変だ。


話しかけてもいつもなら笑顔で楽しそうに話してるのに、今日は顔を引きつらせて、笑顔も作り笑顔。


声のトーンもいつもより低い。


私なんかしたかな……?…


隼には広臣のことを話しておきたかった。


これから広臣の帰ることが多くなるから。


でも今はそんな状況じゃない気がした。


なぜか隼に冷たくされたのがショックだった。


仲がいいから?…


そんな感情じゃない気がした。


友情なんかじゃない気がした。


でも私は隼に恋愛感情なんてない。


今の私には広臣がいる。


広臣が……


でもなぜか広臣より隼のことが気になる。


なんでだろ……

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

小森ちゃん🐷
小森ちゃん🐷
(💐)LDH 投稿遅くなります、すいません🙇 いいね👍よろしくお願いします🙏 途中で投げ出しちゃうことあります。
恋愛の作品もっと見る
プリ小説公式作品を読もう!