プリ小説

第11話

11
土曜日…


今日は登坂先輩に空けとけって言われた日…


ほんとに二人で行くのかな?…


とりあえず着替えて髪を巻いた。
↑こんな感じのふく


準備が終わると家のチャイムがなった。
あなた

はーい

登坂 広臣
登坂 広臣
早く準備しろ
あなた

もー終わりましたよっ

登坂 広臣
登坂 広臣
…そ、そうか…///
どうしたんだろ…
登坂 広臣
登坂 広臣
どこ行きたい?
あなた

決めてないんですか?

登坂 広臣
登坂 広臣
うん…決めてなかった
あなた

えー

登坂 広臣
登坂 広臣
んー…好きな食べ物とかねーの?
あなた

スイーツ!!

登坂 広臣
登坂 広臣
スイーツ?…じゃあ食いに行く?スイーツの何食べたい?
あなた

パンケーキ食べたいです!すごい人気のパンケーキ屋さんがあるんです!

登坂 広臣
登坂 広臣
じゃあそこ行くか
あなた

ヤッター!!!!

~登坂広臣~


俺は正直あんまりスイーツは好きじゃない。


でもあなたのためならなぜか何でもできる気がする。


なんでだ?…


てか…


可愛すぎんだよ……
登坂 広臣
登坂 広臣
行くぞ、車乗れ
あなた

はいっ!

パンケーキ屋…
登坂 広臣
登坂 広臣
うわっ…めっちゃ並んでんじゃねーかよ…これ並ぶのかよ
あなた

人気なんで仕方ないですよ

パンケーキ屋にはすごい列ができている。
登坂 広臣
登坂 広臣
こんな並んでられっかよ
あなた

えー食べたいです

登坂 広臣
登坂 広臣
はぁ…わかったよ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

小森ちゃん🐷
小森ちゃん🐷
(💐)LDH 投稿遅くなります、すいません🙇 いいね👍よろしくお願いします🙏 途中で投げ出しちゃうことあります。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る