プリ小説

第8話

8
さくら
お前の声なんて聞きたくねーんだよ
「おい」
男の人の声が聞こえた。
なつき
広臣…
登坂 広臣
登坂 広臣
お前ら何やってんだよ
のぞみ
話してただけだよ
登坂 広臣
登坂 広臣
は?…さっきこいつのこと押してなかった?
はるか
それはふざけて
登坂 広臣
登坂 広臣
殺されてぇの?あ?全部最初から話聞いてたけど、てめぇらにそんなこと言う権利ねーから
さくら
なんでよ…
登坂 広臣
登坂 広臣
は?
さくら
なんでこの子なのよ!!私だって…
登坂 広臣
登坂 広臣
うるせぇんだよ、もーこの子に近づくな、次この子にまたなんかしたら許さねぇからな
なつき
…いこ
4人はどっかに行った。
あなた

あ、ありがとうございます…

登坂 広臣
登坂 広臣
お前大丈夫?…
そう言って手を私に差し出した彼。
あなた

大丈夫です……

ほんとは大丈夫じゃないけど……
登坂 広臣
登坂 広臣
嘘下手だな笑笑
そう言ってニコッとした彼の笑顔にドキッとした。
登坂 広臣
登坂 広臣
泣きそうな顔してんじゃん
あなた

別に…大丈夫なんで…

登坂 広臣
登坂 広臣
…ごめんな
あなた

え?…

登坂 広臣
登坂 広臣
俺達のせいでこんな思いさせて
あなた

いや、全然大丈夫ですよ

大丈夫とか言っといてなぜか今まで我慢してた涙が溢れてきた。


すると何かに包まれた。
あなた

え…?…

登坂 広臣
登坂 広臣
我慢しなくていい
気づけば彼の腕の中にいた。


なぜか彼の腕の中は安心して、涙が沢山溢れてきた。


彼の腕の中で沢山泣いた。


誰にもバレないように。










しばらくたって落ち着いた。
あなた

すいません…ありがとうございました…

登坂 広臣
登坂 広臣
…なんかあったらいつでも言えよ、助けるから
あなた

ありがとうございます…

登坂 広臣
登坂 広臣
あ、そういえば、俺の名前言ってなかったな
あなた

あ…

登坂 広臣
登坂 広臣
3年の登坂広臣です
あなた

えっと、私は…

登坂 広臣
登坂 広臣
あなたちゃんでしょ?
あなた

そーです

登坂 広臣
登坂 広臣
この前名前聞いたから知ってるよ、あ、LINE交換しない?
あなた

いいんですか?

登坂 広臣
登坂 広臣
うん、逆に欲しいし
あなた

わかりました

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

小森ちゃん🐷
小森ちゃん🐷
(💐)LDH 投稿遅くなります、すいません🙇 いいね👍よろしくお願いします🙏 途中で投げ出しちゃうことあります。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る