無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

三話「強敵」
悪霊の雰囲気が変わる
服の袖裏から武器を出す
琴理&しぐれ
鎌…?
そう言った瞬間!___
シュッ
鋭い刃に当たった所が血で赤く滲む…
痛い…な
しかもなんで2個持ってんのよ
明里琴理
明里琴理
桜刀の礼 水面月
ソンナ…モノ?
鎌で…弾かれた…?
明里琴理
明里琴理
しぐれ…
竹川しぐれ
竹川しぐれ
あぁ
明里琴理
明里琴理
桜刀の忠義 光突き
また当たらない
竹川しぐれ
竹川しぐれ
やっぱりあの鎌を
どうにかしないとだな…
明里琴理
明里琴理
どうする…?
竹川しぐれ
竹川しぐれ
俺の銃で注意を引くからお前が決めろ
はーい。
ってか人使いが荒いな…
竹川しぐれ
竹川しぐれ
4の構え 鉄の舞
しぐれが連射しそれを鎌が弾く
でもなぁ
どれだけ凄くてもあの曲打ち
全部防ぐのは無理でしょ
くっ…
お。当たりはじめたか…
私は急いで精霊の後ろに回る
明里琴理
明里琴理
後ろに注意よ 悪霊さん…?
桜刀の名誉 風火
グァァァァァァァァ…
よし。これで終了
明里琴理
明里琴理
どうぞ精霊にお
いつものセリフを言おうとした瞬間
急に白い光に包まれ目の前が眩しくなる
明里琴理
明里琴理
し…ぐれ
竹川しぐれ
竹川しぐれ
おい!琴理!?
その声を最後に私の意識は途切れた