無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

五話「問題」
竹川しぐれ
竹川しぐれ
なるほど…ってなるか!
明里琴理
明里琴理
なんで…?
私は今
律を連れて行くことになった経緯を話していた
律
全く…融通の効かないやつだな…
竹川しぐれ
竹川しぐれ
いや。連れて行くとこまで分かった
俺も賛成だけど!
律
だけど…?
竹川しぐれ
竹川しぐれ
いや。
こいつが暴走したらどうするの?
明里琴理
明里琴理
律
竹川しぐれ
竹川しぐれ
いや。
二人揃って知らんふりすんなよ!
いや。だってその時はその時じゃない…?
律
なぁ?
明里琴理
明里琴理
ねぇ?
竹川しぐれ
竹川しぐれ
以心伝心すんな
明里琴理
明里琴理
じゃあ…魅月様に聞く…
魅月さまは本の番人の当主
竹川しぐれ
竹川しぐれ
そーしろ
私は本の番人の闇アプリを開く
魅月様に今までのことをすべて伝え
その上で律を連れて行くと書いた
そして
その為にどうすればいいかということも…

明里琴理
明里琴理
送信…
ピコン
琴理&しぐれ
はっや!
え…怖いぐらい早いんだけど…
明里琴理
明里琴理
見てみる…ね?
見てみると
「赤桜神社に行ってみて!本の番人ゆかりの神社だから何かわかるかも♪和弥には秘密よ!」
明里琴理
明里琴理
えと…赤桜神社に行けって…
竹川しぐれ
竹川しぐれ
じゃあ明日行くか!
明里琴理
明里琴理
休暇なのに…なんかごめん
竹川しぐれ
竹川しぐれ
貸し1な
なんか複雑
✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂
私は朝、目が冷めたら驚くべき光景を目にした
目の前には本が散らばっていた
その中心にいるのは…
明里琴理
明里琴理
律…!
読んでもいいって言ったけど片付けぐらいしてよ?
律
面白かったぞ
いや。確かにその本好きだけどね…
明里琴理
明里琴理
片付けないのなら当分本は禁止ね
律
申し訳ございません
琴理さまぁ
どうか家族だけはお助けを
明里琴理
明里琴理
苦しゅうない表を上げい
いや。ちょっと待て…
わたし何影響されてるんだよ
リリリリリリリリリリリリ♪
しぐれから電話だ
竹川しぐれ
竹川しぐれ
俺は今から出るけど
明里琴理
明里琴理
ごめん。今律のしつけ中
竹川しぐれ
竹川しぐれ
は?
明里琴理
明里琴理
本を散らかっしぱなしだったから
竹川しぐれ
竹川しぐれ
いや。とりあえず早く来い
明里琴理
明里琴理
りょーかい
明里琴理
明里琴理
律行くよ
律
いや。待て今いいとこなんだ
ごめん。律…心苦しいけど
パタン
私は本を閉じた
律
あ!
明里琴理
明里琴理
はい。行こう
私はいじける律に謝りながら赤桜神社に
場所に向かった
作者
作者
一応,本の番人以外に
律は見えない設定
作者
作者
あと作者のミスだけど
作者
作者
律の髪の色は黄緑色
律
直せ
作者
作者
メンドクサイ☆
スッ
作者
作者
あ。待って…鎌はなくない!?