無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

‪𐤔 𐤔‬ 4
そ ん な 時 だ っ た 。



「 そ ろ そ ろ 席 替 え す る か 。」



先 生 が 言 っ た 。




学 級 会 長 が 前 に 出 る 。




「 こ の 列 の 男 子 か ら く じ を 引 き に 来 て く だ さ い 。 」
私 は 席 替 え の 度 に 翔 く ん を 探 す 。 

隣 な ん て わ が ま ま は 言 わ な い

だ か ら 、 せ め て 近 く の 席 に な り た い 。


い つ も そ う 思 っ て い る 。



今 回 こ そ は い け る か な 。




神 様 お ね が い 。
「 お い w 翔 何 番 な ん だ よ ー ? 」

ク ラ ス の 男 子 が 翔 く ん に き い て い る 。

「 6 番 だ よ 。」



へ ぇ ー 。


6 番 な ん だ 。


ん ん ?


6 番 っ て 1 番 後 ろ じ ゃ ん。

一 番 後 ろ で 翔 く ん の 隣 と か












最 高 か よ 。







頼 む 。




次 の 席 替 え 最 悪 で も い い か ら





ほ ん と に ほ ん と に ほ ん と に 。









お ね が い し ま す 。






「 そ れ じ ゃ 女 子 引 い て く だ さ い 。」

学 級 会 長 が い う 。











私 の 前 の 席 の 子 が 引 い た 。





次 は 私 だ 。






引 く 前 に 黒 板 に 書 い て あ る 座 席 表 を 見 る 。




女 子 の 6 番 は















空 い て る 。







頼 む よ ___。





わ た し 。







私 の と こ ろ に く じ が 回 っ て き た 。




『 頼 ん だ 』



心 の 中 で そ う 叫 ん だ






番 号 は














5 番 だ っ た 。






お し か っ た 。













で も 、






斜 め 後 ろ だ し 。






ま 、 良 し と し よ う 。







次 の 席 替 え 頑 張 ろ う 。













黒 板 の 5 番 の と こ ろ に 名 前 を 書 き に 行 く 。






















「 席 を 移 動 し て く だ さ い 。」
学 級 会 長 が い う 。








そ の 時 だ っ た 。


















「 ご め ん な さ い 。 私 こ の 席 か え て も い い で す か ? 」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

い ち ご 大 福 ‪𐤔 🍑
い ち ご 大 福 ‪𐤔 🍑
♡ 、 ☆ 大 好 物 ← 少 し づ つ 書 く 💦 🍑 ぴ も ‪𐤔
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る