無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,057
2020/06/28

第4話

彼は何処へ
らっだぁ視点





なんなんだあいつ

あの緑色のやつ

いきなり抱きついてきて

嫌なはずなのに

どうしてこんなに




懐かしいの?





此処は何処?

俺の居た森じゃない

僕は一体

これからどうすれば

   





    何処へ行ったらいいの?








________________________________

緑くん視点


今日はきょーさん達と一緒に病院に来た

病院がなんだか騒がしい


緑:ナニカアッタンデスカ?

医師:実は部屋番号102の患者が居なくな
  ったんだ

きょ:ふーん102...って102!?

レウ:らっだぁの部屋番号も102...てこと
  はさ...

コン: ...これってやばくね?

全員: 同意

きょ:とりあえず手分けして探そ!

全員:/オッケー/ワカッタ/任せて/



     一時間後


きょ:おらん...

 一度合流した、みど•こん•きょ•レウ•
  は何処にらっだぁが居るのか考えて
   いた

レウ:行ったことあるとこは大体探したよ?

コン:他にどこ探せばいいの?

緑:アレ?
  ラダオクントサイショニアッタノドコダッケ?

きょ:どこやったっけ?

レウ:子どもの頃のことでしょ?

コン: どこだっけ...

緑: 神社...

きょ:そうそう神社!

レウ:神社?

コン:あの森の中の!

レウ:あ...あ〜...あそこね!ハイハイ...

きょ:分かっとらんやろ

レウ: d( ̄  ̄)

コン:ほら!川の奥の森で隠れんぼしてた時にさ!

——————————————————

  次回 子どもの頃の回想


今まで更新してなくてすいません!

ケータイのパスワード忘れて

データ初期化してバックアップ入れてたら遅れました...

え?遅れた割に短いって?

うるせぇ!

てことで   




           おっつぅ