無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

4
次の日
俺が病院に着いた時
お医者さんや看護師さんがバタバタしていた。
嫌な予感がしてあなたの病室に急いだんだ
ガラララ
ななもり。
あなた!?
看護師
あっななもり。さん…
ななもり。
あなたは…?大丈夫なんですか?
看護師
今日もつか分かりません…
ななもり。
そんな…
看護師
最期一緒に居てあげてください…
ななもり。
はい…泣
看護師さん達はあなたに機械を付けて出ていった。
ななもり。
あなた…ごめんね…
ななもり。
幸せに…したかった…
あなた

ガラララ
みんな
なーくん!!
ななもり。
みんな…?泣
ジェル
あなたちゃんは?
ななもり。
今日もつか分かんないって…
ころん
そっか…
みんな
莉犬
俺達そろそろ帰るね…?
ななもり。
うん。
来てくれてありがとうね
さとみ
何かあったら電話でもLINEでもいいんで連絡してくださいよ?
ななもり。
うん。ありがとう
ころん
またね?
ななもり。
うん。
ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤̥  ‎ꪔ̤
深夜にごめんなさい!
おやすみなさいです(ᯅ̈ )