無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

2人の出逢い
一目連
一目連
…………
今、俺の目の前には1匹の狐がいたが、その狐は普通の狐ではなく、尾が9本ある。
一目連
一目連
(九尾か?)
狐白
狐白
…………
一目連
一目連
(いや、なんか言えよ。
その前に喋れるのか?
せめて鳴けよ。)
しばらく俺たちは見つめ合っていた。
ーBOMー
一目連
一目連
(うわっ!
人の姿になった。
てか、すっごい可愛い。)
狐白
狐白
…………さっきから、なに?
一目連
一目連
いや、こんな所でなにしてるんだ?
狐白
狐白
…………分からない。
気が付いたら、狐でここに居た。
一目連
一目連
……なら、俺と一緒に来ないか?
そう言い、俺は彼に手を差し伸べた。

































































これが俺と彼との出逢い