無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

風っこ(裏)🔞
主
以前書いた風っこの小説のベットシーンです

前のお話ご覧になってない方はそちらからお願いします~
。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。
(ドサッ)
二宮
わっ…!
松本
俺達随分我慢したよ
松本
ね、相葉くん
相葉
もちろん
二宮
ねぇえ、やめぇ…
相葉
俺先いれちゃってもいい?
松本
仕方ないなぁ
二宮
やめてって…ばぁっ…
松本
ウォーミングアップから始めようか
~二宮side~
あーくそっ…調子乗りやがった

嫌なわけじゃないけど……………

ひゃっっ…

いきなり相葉さんが俺の胸にある玉をいじってきた
二宮
んんあっ!
二宮
あいば…さ…っ…やめ///
相葉
照れてるにのちゃんかーわい
松本
相葉くんだけずるいよ
相葉
あーごめんね潤ちゃん
相葉
下の方いじってていいから
おい…俺は物かよ…
二宮
ちょ…ばか!
松本
まあまあ
そうこうしてるうちに潤くんにズボンを脱がされていた
二宮
ちょ…潤くん、
二宮
んんんん…ああっつ!!
いきなり指を4本もいれてきた

すぐに快感が襲ってきて俺を刺激した
二宮
だめ…っ!いきなりぃ…
松本
すごい締め付けるね
ぐちゅ…っ…ぐちゅ
二宮
知ら…なぁ…
上も下も両方攻撃されておかしくなりそうだ
二宮
んんああっ…も…だめ…ぇ
相葉
そろそろいれるか
松本
ちゃんと俺にも代われよ
相葉
わかってるって
俺の許可はなしかよ…

とか思ってたら相葉さんがいれてきた
二宮
ちょ…!言って…ああっ…ん!
松本
じゃ…俺の咥えてよ
二宮
ん…ふ…あ…
四つん這いになってるんだなこれ
松本
ふふ…かわいい
相葉さんも潤くんも同時に俺の中に出てきた
二宮
ふ…あ…
相葉
うっわーにのちゃんの顔えっろーい
二宮
ばか…っ!
松本
じゃ…次俺いれる番ね
二宮
も…むり…ぃあああっ…
松本
相葉くん出しすぎだよ
相葉
ごっめーん!
潤くんが腰を振ってきた
二宮
あああ…ん…っ…
二宮
ああ…っ!
二宮
は…あ…あ…ぁ
相葉
イっちゃったねにのちゃん
松本
俺達も気持ちよかったからいいんじゃない?
相葉
そだねーー笑
。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。
主
どうでしたかー?

なんかそんなに上手じゃなかったかも笑

暖かい目で見てください(

ではでは~!