無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

ジョシュア
あなたの作った料理が
意外と美味くて
みんなの手が進む

JH
JH
あ、ディノヤ、
食べ終わったんならシュア呼んでやって?
DN
DN
はい!
うん、いい返事
さすが俺のエギ←


と思ってると
ディノがちゃんと呼んでくれたみたいで
自然と俺の隣に腰掛けるシュア

JS
JS
うん、美味しい😋
JH
JH
あなたって、
料理上手いんだな
JS
JS
うん、そうみたいだね
どうしたの?
胃袋掴まれた?ㅋㅋ
JH
JH
………


あれ?
いつもなら
「そんな事ねーよ」
って、即否定する感じじゃない?
そして俺が
計画のためにまだまだ頑張らないとって
そんな流れじゃないの?

JH
JH
料理は上手い
性格も悪くない
顔は上の上
そして何より、シュアの妹

…堕ちないわけないよな…

………え?

ハニ今何言った?

もうおちてんの?
あなたと付き合っちゃう!?




JH
JH
ん?
シュア、どうした?
JS
JS
え?
今さっき何言ったか分かってる?
JH
JH
は?
俺、何も言ってないけど?
JS
JS
…え?

いやいや、ガッツリはっきり言ってたよね?
俺聞いたよ!?
俺の妄想じゃないよね!?

え!?
どういう事!?
…え?
JH
JH
変なシュアだな?
大丈夫か?


…え?俺が変なの?