無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ジョンハン
JS
JS
【え?
韓国に一人で来たの?】
シュアが端っこで誰かと電話してるなー
って思ってたら
いきなり焦りの声をあげてた

珍しい

良くも悪くもジェントルマンを崩さないシュアが
何をそんなに焦ることがあるんだか
JS
JS
んーーーー

唸りながら周りを見渡す

どうしたんだ?アイツ

いつもと違うシュアを感じたのか
DK
DK
シュアヒョン
どうしたんですかね
JH
JH
だな
俺に聞かれても知るか
俺、なんでも知ってるわけじゃねぇぞ
JS
JS
【これから迎えに行くから
そこで待ってなさい】

まぁ、英語で喋られると
俺らは分かんねぇけど←

あ、ボノニは分かるか
JH
JH
ボノニ、
あれ、何話してんの?
VN
VN
あー、
何か、誰かが1人で韓国に来たみたいで
すぐ迎えに行くって言ってますね

さすがボノニ
オンマとの会話が英語なだけあるわ
JS
JS
ジョンハナ
…運転頼んでもいい?
…俺は足か…
JS
JS
ハニにしか頼めないんだよね…
JH
JH
そういう事なら仕方ないな
マネヒョンの車借りようぜ


という事で
良くもわからず俺はシュアと出ることになった