無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

ジョシュア
あなた

信じられない!

JH
JH
しょうが無いだろ
お前が離れなかったんだから
あなた

私が抱きついたのはオッパだもん!

JH
JH
お前、シュアの事拒んだらしいぞ?
あなた

そんなの絶対嘘!
有り得ないもん!!




元気なふたりだねㅋㅋ

寝起きにこんな言い合いするなんてㅋㅋ
あなた

オッパァ(;A;)

リビングに入り
俺の顔を見るなり
俺に抱きついてきたあなた


うんうん

今の俺の身体を教えこまないと
次の時もまたハニに頼ることになるよ

こうやって沢山抱きついて
今の俺の身体を覚えなさいㅋㅋ

あなた

あの似非天使オッパ
私がオッパを拒んだなんて嘘言うんだよ!?

JH
JH
…嘘じゃねぇって
ハハㅋㅋ
この2人、ほんとお似合いだと思うんだよなㅋㅋ
JS
JS
うん、
ハニは嘘ついてないよ?
あなた

え!?
私がオッパを拒むわけないじゃん

JS
JS
うーん、
俺が鍛えちゃったからか、
抱きあげようとしたら
押し返されちゃったんだよね
JH
JH
ほら、
嘘じゃねぇって言っただろ?
さて、ここでどう出るかな?
俺の妹なら
素直でいい子のはずなんだけどな
あなた

…ごめんなさい…

JH
JH
え?
あ、おぅ
随分素直な…
JS
JS
うんうん
さすがあなた


うちの子は
やっぱり素直に謝れるいい子なんだよ

いやー、
子育ての成果だよね←
俺の育て方に間違いは無かった

ちょっと、
いや、かなり声は小さい気はするけどね