無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

ジョンハン


…困った

俺は今
非常に困っている


寝てる妹を部屋まで運んだはいいが
俺から離れない

俺とシュアを間違えて
寝ながら抱きついてから

全く離れない




ずっと抱いてるのも
重たくなってくるし…


シュアもいない事だし


このままベッドに落として逃げようか…



あなた

…Keep away…

…寝言?

何だっけ

keep away

離れていかないで?
そこにいて?

そんなのだよな?

シュアに向けてだよな?

でもな、
あーもー、
どうすればいいんだよ
とりあえずベッドに下ろしてみても
俺から手が離れない

それどころか
キツく抱きついてくる



…そんなにシュアと離れてて寂しかったのか?

JH
JH
…しょうがないか
俺もベッドに座る


手は離れないけど
少し緩まったあなたの腕

安心したのか?

顔を覗き込めば

少し幼さの残る可愛い顔




…寝てたら可愛いのに…




…ベッドに座ってるからなのか

それとも
あなたに抱きつかれてるからなのか


俺も眠くなってきた…