無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

次の日の朝
みんなの分の朝食を用意した

私みたいに軽い物で済ませれるほど
あの人達は甘くない←

どちらかと言えば
朝からガッツリ行く人達だ
SC
SC
大変だっただろ?
DK
DK
手伝うから、声掛けてね^^
この2人はいつも優しい…
リアコ…
JH
JH
…美味かった

最近堕天使がおかしい
なんか少しだけど
甘くなった気がする…


そして、
仕事に行くのを見送って
私は溜まった洗濯物と掃除

そんな事してたら
一日が終わってて

JS
JS
ただいま^^
JN
JN
わぁ、いつもありがとう^^
WN
WN
後はミンギュに任せて
ゆっくり休め
MG
MG
…え?俺?
あ、いや、やるけどさ


オッパ達が帰ってきて




…あれ?
私の仕事って何?
家政婦?


こっちに来て
仕事の打ち合わせとか
まったくやってなくない?

体型は維持してるけど
みんなからの誘惑に耐えられなくて
甘い物とか
食べちゃってるからね?
肥えちゃうよ?



…私、それで大丈夫なのかな?


今、何のためにここに居るんだろ
ただオッパの近くにいるだけになってる…
JH
JH
…………


そんな私を遠くから堕天使が眺めてたなんて
全然気が付かなかった