無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

ジョシュア
さて、
俺の背中でたまにため息をつくあなた

これはなにか悩みを抱えてる時の癖
俺の背中に凭れる
顔を見られたらバレるからなのかな?

本人が話したくなったら
好きなだけ聞いてあげるし
今はまだ聞く段階じゃないと思うから
黙っててあげるね

そう思って
たまに頭を撫でる


後で
あそこであなたを凝視してるハニにも
念を押しておかないとね
こういう時に話しかけても
だいたい誤魔化されるか流されるかして終わりだって


JS
JS
…あなた、眠いの?
あなた

眠くないよ?

JS
JS
そう?
今日は沢山家の事してくれて
疲れたのかな?って思ったんだけど
あなた

…………

JS
JS
…違ったみたいだね^^


なんだ?
今の無言

沢山家事してくれたって褒めてるのに
笑顔にならないで無言?

俺に褒められるの大好きなのに?



家事がワード?

俺はマズったのか?



しょうがない
探るか…


JS
JS
…あなた?
探るのはいいけど

どう言う?
何かあったじゃ絶対喋らないだろうし…

あなた

あ、ジフンオッパ、
オッパの宇宙工場行ってみたい!

WZ
WZ
は?俺?
いきなり声がかかったウジは
ちょっと驚いてたみたいだけど

俺の顔色を伺って

笑顔で頷けば

WZ
WZ
…少しだけな
あなた

わーい

…そのあなたの行動が、
少し無理してるように見えたのは
気の所為?