無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

ジョシュア


仕事が終わったら
早く帰りたくて仕方ない

だって、可愛い妹が
独り寂しく俺の帰りを待ってるからね


そう思って急いで帰ってきたのに


当のあなたは
リビングで寝てた



しかも、
フトンに顔を埋めて寝てた←


…あれは
外に干してて取り込んだ布団か?

SC
SC
疲れたのかな?ㅋㅋ

スンチョルが
あなた相手だとどうも兄貴面をする

まぁ、年上なのは認めるけど


HS
HS
コッチには料理も!

キッチンから浮かれた声



そっか、
待ってる間に家のことやってくれたんだ…

あなたもいつの間にか
立派な大人になったんだね^^


しょうがないから
起こさないように
姫抱っこで抱き上げる

このままベッドに運んであげるか…
あなた

…ん、…硬ぃ…

寝ぼけながら
俺の胸を押すあなた

危ないなぁ、落ちちゃう…



てか、俺の事硬いって言われてもな
ほかもみんな鍛えてるし硬めなわけで…

え、
誰がいる?

JH
JH
どうした?シュア
あなたが重いのか?
JS
JS
そんな事有るわけないでしょ?

…うん、
ハニなら良いかも…
JS
JS
ジョンハニこそ、
あなたの事抱けるの?
JH
JH
俺をバカにするなよㅋㅋ
体力はないけど
それ以外は普通だからな?