無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

ジョシュア
次の日の朝
目が覚めたら俺の腕の中にいるあなた

…珍しい

最近は朝早く起きてご飯の用意しててくれたり
何かと俺のところにいないのに…

久しぶりの感覚に
寝てるあなたをぎゅっと抱きしめた
あー、温かい
柔らかい
可愛い

離したくない

妹なのに
この感覚はダメだと思う

それが分かってるから
俺は韓国に離れて…
JS
JS
少しでも
いい兄貴になりたいのに…


実は
自分の感情が他の兄妹とは
ちょっと違う気がしてた

何に関しても
俺の優先事項はあなた

あなたが1番

ロスにいた時に
それじゃヤバいって思って彼女も作ったけど

気付けばあなたに似てる子を選んだし
あなたと重ねてた所はあった…
JS
JS
…ヤバいよなぁ…



何も知らずに俺の腕の中で眠るあなた


ホント
あなたに関しては
自分が紳士だと思い込まなきゃ
今頃大きな間違いを起こしちゃってるよ…

まぁ、
育て方は若干間違えたかもだけど…
こんなにブラコンになるとは…好都合…
あ、いや、
それがダメだったんだっけ
あなた

…オッパ…

JS
JS
ん?



…なんだ、寝言か
あなた

Shitクソが




…は?



待て待て!


あなた

…痛…

あ、おはようオッパ

…どうしたの?
何か驚くことあったの?

JS
JS
あ、おはよう…あなた
何でもないよ…
さっきの言葉に慌てて飛び起きたから
あなたの事起こしちゃった…

けど、
あんな暴言吐くなんて

オッパって、
俺じゃない奴の夢でも見てたのか?

…暴言って事は…ジョンハナ?