無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ジョンハン
JS
JS
俺とそっくりで
めちゃくちゃ美人なんだ
辿り着くまでに誰かに攫われたらどうする!?


…………

こんなシュアは初めて見たかも
焦ってると言えば焦ってるんだけど

…自分とそっくりで美人って…


まぁ、確かにシュアは美形だし
女装も似合うと思うけど

…俺ほどじゃないだろ←
いや、俺、女装はした事ないけど


てか、
シュアに妹がいたなんて初めて知った
JH
JH
…なぁ、
何で今まで妹の存在言わなかったんだ?
俺たちの妹みたいに
ライブとかも呼んだことないだろ?
JH
JH
シュアの家に行った時も
会ったことないし…
思ってた事を素直に聞くと

かなり大きい溜息を吐かれた


…は?(╬°▽°)
JS
JS
ハニ?
俺はハニは頭がいいと思ってたよ
悪知恵も働くし…

これ、俺褒められてなくね?
運転してやってんのに
何この扱い
JS
JS
俺の妹は美人だよ
皆に見せたら好きになられるだろ?
優しい子だから
俺の家族同様のメンバーだし
断るに断れないでしょ?

そんな悲しい思いさせたくなかったんだよね…



あれ?
シュアってこんな奴だっけ?

頭のネジ
5本くらい飛んでったんじゃねえの?
大丈夫か?


そんなことを考えてたら
気付けば空港に着いていた