無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

エスクプス
賑やかな声で目が覚めて
引かれるようにリビングに行けば

朝から賑やかな我が家で

あなたもその輪に入ってるし
なんなら中心で会話が弾んでるし

いい事だな



あなた

おはようございます!
クプスオッパ!

SC
SC
おはよう


俺に気づいたあなたが挨拶をくれれば

朝から可愛いな
癒されるな…



JH
JH
…クプスにまでぶりっ子かよ…
あなた

…似非天使が…

JH
JH
は?
俺は天使だし
お前が似非天使だろ
あなた

It is nothing but an angel to catch such a cute girl

JH
JH
何言ってんのかわかんねえよ
韓国語喋れよ


さすがシュアの妹…

SC
SC
なぁ、アレ、なんて言ってたんだ?
JS
JS
え?本当の事だよ?
SC
SC
…は?
VN
VN
…こんな可愛い女の子捕まえて
天使以外の何物でもないでしょって…


さすがボノニ
助かる



てか、そんな事言ってんのかㅋㅋ

たしかに可愛いし
見た目は天使だけどなㅋㅋ

中身はうちの天使と同じだなㅋㅋ


何だこの2人
似たもの同士なんじゃんㅋㅋ


あなた

…クプスオッパ
何笑ってるんですか…

プクッとほっぺた膨らませて
ちょっと上目遣いになるあたり

可愛いを熟知してるな←

SC
SC
いや、
その通りだなってㅋㅋ


うちの天使と同じ性格なら
この子も天使だわㅋㅋ

天使って言われる子って
こんな感じなんだなㅋㅋ

SC
SC
可愛い天使だよㅋㅋ

ポンポンって、
頭を撫でてキッチンにいるジュンに声をかけた


SC
SC
ジュナー、俺も朝飯食べたい