無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

ドギョム
あのボノニが
眉間にシワを寄せてる…

まぁ、そうなるよね

こんなにベタベタくっつく兄妹
なかなかいないよね
ホント、恋人同士みたい


MG
MG
おはよう!あなた!
JS
JS
先に俺に挨拶じゃない?
あなた

ㅋㅋ

……

やっぱり
笑ってる顔は天使そのものだと思う

可愛いなぁ

あなた

あ、おはよう、ソクミナ

DK
DK
おはよう、あなた、シュアヒョン
JS
JS
ドギョムも、あなたが先なの?
DK
DK
だって、あなたが先に気づいてくれたから
あなた

ねー^^

JS
JS
…それならしょうがないか
MG
MG
え!
俺との扱いの差何!!

賑やかな朝だな

DK
DK
昨日は疲れてたでしょ?
ぐっすり寝れた?
あなた

………

DK
DK

何か変なこと言った?
あなた

あ、気遣ってくれてありがとう^^
ソクミナは優しいね、



そう?
なんて事ない普通のことだよ



と思ったけど
あまりにもあなたの笑顔が綺麗で

そんな言葉すら口から出てこなかった




どうしよう

なんて言おう…

なんて考えてたら
JH
JH
昨日は久しぶりだと思って
シュアのこと譲ったけど
今日からは返せよ
あなた

は?
意味わかんない
オッパは私のだし



…ハニヒョン…

素直じゃないよな

俺、知ってるよ

優しい顔して
あなたとシュアヒョンが寝てる部屋覗いてたの