無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

ジョンハン
………

ディノが俺のところに来て…

俺の事
少し心配してくれたみたい

ダメだな、俺
こんな事で心配かけるなんて
もう少し上手くやらなきゃな

誤魔化すように

JH
JH
俺のシュアなのになー…
なんて言えば
ディノは少し呆れたように
DN
DN
まぁ、公認ですよね

少し不貞腐れたように言うマンネが可愛い

うちのメンバーは
やっぱり他人ひと想いのいい子達ばっかりだな

俺も長兄lineとして
もう少ししっかりしないとな





とは思うけど、
きっとこの性格は変えられない

まぁ、
今の性格が悪いとは言われないだろうけど←


………恋愛には向かないよな


JH
JH
…どうするかな…

いきなり告白したって
絶対振られて終わりだ

そんな事になったら
俺、耐えれないだろうし

今なら
スンチョルにもソクミンにも負けてるだろうから

…まずは優しさなのか?

俺だって
優しい時は優しいんだぞ?
メンバーには特に

イタズラだってするけど←



JH
JH
うーーーーん
T8
T8
…唸ってるね
JN
JN
ちょっと面白いよね

いきなり
横から聞こえた声に驚きを隠せなかった
JH
JH
…いつから居たんだよ
T8
T8
さっき、ディノがいなくなった時?
JN
JN
俺はディノと一緒に来てたよ?


…マジか
ジュンに至っては全然気づかなかった

気づかないでずっと唸ってたのか…

はっず←