無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

ジョシュア
…まぁ、
それよりも…

JS
JS
仕事で疲れて帰ってきたオッパに
お帰りもなく寝てたなんて…
あなた

あ!お、お帰りなさいオッパ!
お仕事お疲れ様でした!!


うんうん
万遍の笑みでこれを言ってもらわなきゃ

これでこそ
家に帰ってきたって感じ…

まぁ、今までと違って
これから毎日でも聞けるようになるんだけどね


JS
JS
あなたも、沢山お仕事してくれたみたいだね^^
怪我はしてない?
ありがとう^^
あなた

うん!
洗濯もしたし、布団も干したし
ご飯も沢山用意したよ!


うん、
ご飯に関しては
俺の事だけじゃなくて
みんなの分もちゃんと考えたであろう量だもんね

…多分足りないけど←
俺達の食費、とんでもないから←

SC
SC
あなた、ありがとな^^
あなた

えへへ///



…出た

あなたに激甘スンチョル


この子、ちょっとスンチョルに流れてるんじゃない?
大丈夫?そんな事ない?


でも、そんなスンチョル出してくるから
俺の計画ちょっとズレてきてる気がするんだけど…



…まぁ、
別にスンチョルじゃダメって訳じゃないけどさ

出来たらあなたの隣に
ハニを置きたかっただけだし
それは俺のエゴだから
あなたがスンチョルを選ぶなら
それはそれで…



DN
DN
…、…ン、ヒョン?シュアヒョン?
ヌナの作ったご飯食べないんですか?
無くなっちゃいますよ?
JS
JS
あ、あぁ、そうだね
ありがとう^^