無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

ディノ

ジョンハニヒョンが
あなたヌナを見ながら微動だにしない

めっちゃ凝視してる

あれは穴が空くほどだよ



DN
DN
どうしたんですか?

ちょっとだけ
ちょっとだけ気になって声をかけてみた
VN
VN
大丈夫ですか?

横からボノニヒョンも入ってきて

…この人も
誰かの悩みとか
結構敏感だよね

まぁ、スングァニヒョンが相手の時が
その能力、1番発揮されてるけど…
VN
VN
悩み?
SG
SG
…ボノニ…
なんて優しい!
………

そう言って
スングァニヒョンがボノニヒョンを連れ去る

まぁ、見慣れた光景だから
別に今更気にしないけど



で、ジョンハニヒョン
消えた2人眺める時間じゃないよ?

どうせあなたヌナの事でしょ?
穴あくほど見てるし
分かりやすいんだけどな…

でも、このヒョンの事だし
僕になんか言わないだろうな
どうにかして誤魔化すんだろうな…
JH
JH
あ、あぁ、
…いや、あの2人仲良いよな
DN
DN
兄妹ですからね
それは思ってることだろうけど
本題じゃないでしょ?
JH
JH
…俺のシュアなのになー
DN
DN
…まぁ、公認ですよね←
…それも、
思ってることだろうけど

そんな事で
こんなに真剣な顔で2人のこと見ないでしょ?

やっぱり
マンネの僕には
悩みなんか相談してくれないよね…