無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

ミンギュ
MG
MG
ほら、ヒョン!
あなたの事離して!
JH
JH
え?何で?

何でじゃないし!
なんでそんな
しれっとした顔できるの?
意味わかんない

ヒョンが怖いわ

MG
MG
いや、仕事だし!
あなた

まじ、
離れろ下さい

JH
JH
離れたら寂しいだろう?
あなた

いや、全然

何このヒョン
いきなりゲロ甘なんだけど

何があったの

SC
SC
ほら、ジョンハナ
もうそろ仕事行く時間だろ
早く用意しろよ
DK
DK
ヒョン、
あなたに嫌われちゃうよ?


…このヒョンとドギョミも
俺の中では要注意人物なんだけどな

JH
JH
ッチェ、仕事かー…
仕方ないな

…思いっきり舌打ちして
何言ってるんだか
ヒョン、Caratの事も大好きなくせに


でも、


やっとあなたが空いた~♪

と思って抱き締めようと思ったら←

SC
SC
留守番よろしくな
DK
DK
ドアの鍵、開けちゃダメだよ?


…2人してあなたの頭撫でて、

甘い


何なの!
俺、触れないんだけど
どういう事?!

VN
VN
…無意識だったらタチ悪い…
SG
SG
え?
今のボノニが言ったの?
MG
MG
それな
平和代表のボノニが
そんなこと言うとは思わなかったわ


で、無意識って何?

この2人の事?
え?
俺の事?

何が無意識なの?


バーノンに聞こうと思ったら
スングァニともう向こうへ行っていた…


うわ、
中途半端に気になるわ