無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

ジョシュア

俺としては
やっぱりハニにあなたの事任せたかったんだけどな

スンチョルがマンネ気質のくせに
リーダーらしいとこ出してくるからかな
あなたがスンチョルに向き始めてる

…気がする…




うーん

家に帰ってあなたと…スンチョルかぁ…

癒される気がしないなぁ…

VN
VN
ヒョン?
ご飯食べないの?
JS
JS
あ、食べるよ

俺の分だけ用意する勢いで
あなたがキッチンに向かったけど

ちゃんとみんなの分
用意するの手伝ってるじゃん

こういう所、
いい子で可愛いんだよな

さすが俺の妹


こんないい子だもん
変な奴には捕まって欲しくないよね

うん

やっぱり俺の目が黒いうちは
しっかり見ててやらなきゃ

そして、
出来ればハニとくっついてもらって

家に帰ったら2人が…


妹
おかえりオッパ!
JH
JH
おかえりシュア!




うん、

天使2人に迎えてもらうのイイじゃん←

俺の頑張り次第かな?


…スンチョルだって
悪い訳じゃないんだけどね

もう、俺の好みだよね←