無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

エスクプス
JH
JH
戻ったぞー


いや、おい
途中抜け出たりには
戻ったぞーって態度でかくねえか?

それどうなんだよ


SC
SC
て言うか
どこ行ってたんだ?
JH
JH
あー
JS
JS
ちょっと野暮用で
ゴメンね?
さ、レッスン頑張るね


これ以上聞くなって
釘を押すような貼り付けた笑顔だな

まぁ、
これ以上はいいか
とりあえずレッスンだ


SC
SC
よし、
再開するぞ















そこからレッスン再開して2時間くらい

結構ばててきた
ホシとディノは体力があるのか
ダンスとなると酷いのか←


もうそろ終わって欲しい…


いや、この際、休憩でもいい…


まじで
こんな事考えてたら

JS
JS
ねぇ、ホシヤ、
今日はこのくらいで終わらない?
HS
HS
え?
でも、今日は調子よく進んでるから…
JS
JS
だからだよ

あまりにも調子がいいから
何かあるんじゃないかと思って…
少し怖いんだ…




…またなんか始まったぞ

JH
JH
………
ほら、
ジョンハンも呆れた顔して見てるし…

JS
JS
このまま調子よくダンスしてたら
前、ホシが足痛めたりしたでしょ?
それ、思い出しちゃって…
HS
HS
…ヒョン…


ホシヤ

感動してるみたいだけど
相手を考えろよ

相手はシュアだぞ←


本当にそんな思いやりで言ってると思うのか?


HS
HS
ヒョン、ありがとう!
じゃあ今日はここで終わりにしよう!


…騙されるんだ


お前、
いつか怪しいツボ売りつけられるんじゃないか?

ヒョンが守ってやるからな←