無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

ウジ
…俺にどうしろと…


あなたの様子がちょっと変だし
珍しく
俺の作業室来たいとか言うから?

まぁ、
何時も居りびられたら困るけど
たまになら…気分転換にもなるんだろ?


いいけど、
今日はどうした?

ソファに座って
クッション抱えて

…意識どこに飛ばしてる?
戻ってこい



…この俺にどうしろって言うんだ…



WZ
WZ
…あなた?
あなた

…………


意識戻ってこないな
どこら辺さまよってんだ?
屋上にでも行ってんのか?

こんな時の女の子の扱いなんか
知らないよ
マジでどうすればいいんだ?

WZ
WZ
…あなた?
あなた

…あ、ジフニオッパ


戻ってきた
焦点がきた
目が合った…

これはこれで
俺はどうしたらいい?

WZ
WZ
何かあったのか?
あなた

………

WZ
WZ
言いたくないなら
別に言わなくていい
落ち着くまで好きにすればいい
あなた

…オッパ、優しい

WZ
WZ
…俺はいつでも優しい

お前にはいつも優しいだろうが

いや、まぁ、
ヒョン達3人とか、
ドギョミンギュと比べると
接点はかなり少ないだろうけど

俺はいつも優しく見守っててやってるだろうが

あなた

そうだった
オッパ、いつも優しく笑ってくれてた

WZ
WZ
………
その微笑み、ドキッとする…


ん?
ドキ?


なんだこの動悸…
心臓は正常じゃなきゃ困る
おかしいなら病院行かないとな…