無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

ジフニオッパの作業部屋に来て

ここなら静かだし
オッパも静かだし
考え事するには最適な気がするけど…

WZ
WZ
…、……、あなた?
あ、
あなた

…あ、ジフニオッパ

WZ
WZ
何かあったのか?
何かあった…
いや、
何も無いから困ってるんだよね?

でも、そんな事も言えない気がする…
あなた

…………

WZ
WZ
言いたくないなら
別に言わなくていい
落ち着くまですきにすればいい
あなた

…オッパ、優しい

WZ
WZ
…俺はいつでも優しい
ふふ、
可愛い
そう言ったオッパ
耳が真っ赤になってる
あなた

そうだった
オッパ、いつも優しく笑ってくれてた

ジフニオッパって、
メンバーのみんなといる時はイタズラする側で
楽しそうに笑ってるけど
私に対する態度って、すごく優しくて


お父さんみたいな感じがする
うん、
優しく見守ってくれてるお父さん




WZ
WZ
気が済むまでいていいぞ
あなた

…オッパ、どこか行っちゃうの?

私を1人にしちゃうの?

オッパなら、
別にいいのにな…

WZ
WZ
寂しいのか?
……

オッパがニヤニヤしてる

私にも少しだけ
弄りを発動してくれたのかな?

私もジフニオッパの内側に
入れたのかな?

こうやってここに馴染んでいくと
離れる時に辛くなるだけなのにな…

仕事しなきゃ
ただの居候で穀潰しじゃん…

どうすればいいのかな…