無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

ジョンハン
あなた

で、でも!
だからと言って股間を押し付けるなんて!!

JS
JS
…は?


…まてコラ
何言ってんだコイツ

シュアの声がめちゃくちゃ低かったじゃねぇかよ

そして、
あのシュアが真顔じゃねぇかよ


JS
JS
…どう言う…
MG
MG
ハニヒョン!
それどう言う事!!??

うわ!
うるせぇ、この大型犬

俺の耳が壊れるかと思った…

JS
JS
…ハニ?

今度は無理矢理笑顔作って来た

これもこれで怖いけどな


あなた

………

JH
JH
おいコラ
言い逃げしようとするな

俺をこの状況に追い込んだくせに
言い逃げなんて許さねぇぞ


首根っこ捕まえてやったわ←

JH
JH
よく聞け、


まず、あなたを抱いてベッドに連れてった

置いて来ようとしたら
コイツが抱き着いたまま離れない

俺も疲れたし
抱いてると重くなってきたしで、
とりあえずベッドに座った
ら、そのまま寝落ちした

わかるか?

コイツが抱きついてたんだけど、
俺も座ったから
こいつの手が胸元から腰の方に下がってって…

JH
JH
あなたが起きたら
ソコに顔があったんだ←

…決して押し付けたわけじゃねえわ
SC
SC
捉え方によったら
膝枕でいいんじゃないか?
JS
JS
………(にこ)
SC
SC
何でもない

…スンチョル、弱い…