無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

暁は結局なんだったのか
干柿鬼鮫
干柿鬼鮫
いきなりどうしたんですか?
大井川クウガ
大井川クウガ
いやさ,暁って何のためにあったんだろうって思ってさー
オビトに操られて終わりそうなのを僕が助けなかったらどうなってたんだろうね(
干柿鬼鮫
干柿鬼鮫
今頃私はいないと思いますけど…
大井川クウガ
大井川クウガ
え!それは困る!デイダラもいないってことでしょ?僕も後追いするね!(
でもまぁイリスも角都とラッブラブな夫婦だし,みんな若い夫婦だよね,俺たちもう30代だねw
干柿鬼鮫
干柿鬼鮫
後追いは辞めてくれませんか?タヒんだ後も貴女と一緒だったらまた煩くなりますからね
暁が何のためにあったかなんてリーダーに聞かないと分かりませんし…
大井川クウガ
大井川クウガ
そうかも,ごめんねw
変な質問してww
干柿鬼鮫
干柿鬼鮫
ごめんねと言ってるわりに笑ってますが…
この後リーダーの所行ってみますか?
大井川クウガ
大井川クウガ
そうしよ!
気になるし,今は雨隠れで長やってんだっけ…木ノ葉から近いしねー!