無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

159
2021/04/12

第2話

王隠し編 プロローグ 壊れるもの
デュース・スペード
デュース・スペード
来るな!来るな!
園崎寧音
園崎寧音
デュース!落ち着いて!話を聞いて!お願いだから!
なんで私が愛した人って、こんなにもすぐに、壊れてしまうのだろう
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
おいデュース!目を覚ませ!お前今何やってるか、わかってんのか!?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
デュース!お前はレオナさん達を傷つけて嬉しいわけがないだろ!なんでこんなことやってるんだ!
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
ねぇ!目を覚まして!デュースクンはそんな事しないって、僕達はわかってるんだよ!なのに………なのになんでこんなことしてるの!?
セベク・ジグボルト
セベク・ジグボルト
人間!何やってんだ!貴様なんで若様やリリア様、シルバーを殺したんだ!
監督生
監督生
ねぇデュース!寧音ちゃんも待ってるんだよ!グリムだって待ってるんだよ!だから、目を覚まして!
地面には、血まみれになって倒れてる寮長、副寮長、他の先輩方、先生たちがいた………
園崎寧音
園崎寧音
デュース!ねぇ!デュース!
デュース・スペード
デュース・スペード
ッ!?来ないでくれ!
また、倒れていってる。エペルやジャック、セベク、エース、監督生君……………もう立っているのは私とデュースだけだろう…………
園崎寧音
園崎寧音
……………………デュース…………………お願い………………私を………………信じて………………お願いだから………信じてよ………………
デュース・スペード
デュース・スペード
っ……………来るなぁァァァァァァァァァ!!!!!
デュースに鉄バットで殴られた瞬間、私の意識は遠のいた………………











あーあ、また、助けられなかったな…………お姉ちゃんみたいに…………また死なせちゃった……………
園崎寧音
園崎寧音
ごめんね…………………………詩音お姉ちゃん…………魅音お姉ちゃん……………エース………………エペル………ジャック……セベク………………デュース………そして……………






























大好きだったよ。デュース