無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ちょっと好き。
私は流星の家にお邪魔した
あなた

お邪魔します

流星
どーぞ
あなた

クシュッ

流星
可愛いくしゃみ笑笑お風呂入りな?
あなた

え?いやっ

流星
ほらっ
そう言ってお風呂場まで押される
流星
服は僕の貸すから
あなた

わ、わかった。

私はシャワーを浴び言われた服を着た
あなた

でたよー?

流星
おいで
流星が足の間をぽんぽんしながらいった
あなた

え?

流星
髪の毛乾かしてあげる
あなた

うん…ありがと

ドライヤーが終わると
流星
ギュッ
あなた

流星?

流星
僕と同じ匂い♡
あなた

そりゃそうだよ笑

流星
あなたちゃん
あなた

ん?

流星
まだ僕のこと好きじゃないの?
あなた

んー…

流星
だよねぇでもハグは許してくれるんだ
あなた

もう抵抗するのもめんどくさいもん笑笑

流星
じゃあこれは?
流星が私の耳を噛む
あなた

ひゃっ///

流星
感じるんだぁ…カプッ
あなた

んー…流星?///

流星
こっちむいて
流星の方が見えるように座る
あなた

ん?

流星
チュッ
あなた

んっ///

流星
キスでも声が出るんだ。
あなた

もうっ泣

流星
笑笑
あなた

いじわる泣

流星
笑笑おいで
あなた

ギュッ

あなた

流星

流星
ん?
あなた

ちょっと好きになった。

流星
大好きになるよう頑張る♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りおな
りおな
私が前の小説書かなくなったのは小説の内容をパクられたからです。 恋愛もの、裏、ラブコメディ、などかきます! Hey! Say! JUMPの画像を使ってますが名前は違います。m(_ _)m なにかリクとかあればTwitterへ! ↓ TwitterID→yaotomedaisuki14
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る