無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

大丈夫。僕がいるから
あなた

あっ…私帰った方がいいよね?

流星
え?なんで?
あなた

ずっといるの邪魔じゃない?

流星
いいよ?泊まってきな?
あなた

はっ?いや、でも。

流星
雨もザーザー電車も遅れてる。帰れる状況ですか?ニコッ
あなた

帰れません…

流星
じゃあご飯作るからまってて?
あなた

うん

流星はご飯を作って机に置く
あなた

オムライス♡

流星
あなたちゃん
あなた

ん?

流星
あーんして?
あなた

えっ、やだよ!

流星
あー♡
流星は口を開けまってる
あなた

しょうがないなー

あなた

はい!あーん

流星
んっ♡
流星
美味しい♡
あなた

笑笑

あなた

私と流星はお腹いっぱいにたべ、寝る時間になった。

流星
僕はソファーで寝るからあなたちゃんはあっちのベッドで寝ておいで?
あなた

うん!じゃあおやすみ

ー夢ー
女子
まだ居たんだ
さあや
てっきり学校辞めたかと思ったwww
あなた

流星…泣

流星が私を呼んでるのが聞こえてくる
流星
あなたちゃん!!大丈夫?
あなた

んっ…流星ギュッ

流星
えっどうしたの?
あなた

夢が…怖くて…また学校行ったらいじめられる泣

流星
大丈夫。僕がいるから。
あなた

信じていい?

流星
うん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りおな
りおな
私が前の小説書かなくなったのは小説の内容をパクられたからです。 恋愛もの、裏、ラブコメディ、などかきます! Hey! Say! JUMPの画像を使ってますが名前は違います。m(_ _)m なにかリクとかあればTwitterへ! ↓ TwitterID→yaotomedaisuki14
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る