無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

💙💜❤💚💛
風磨とのおでかけ当日
あなた)(ある意味先輩とおでかけだから数十分前には来たけど、、、)
あなた)(風磨くん遅くない?)
風磨)あなたー
あなた)おはよう
風磨)おはよ。
あなた)遅かったね?
風磨)あーうん。ファンがいて、、、
あなた)後ろにたくさんいますね。(ファンが)
風磨)えっ!?
女子)きゃーー!!
風磨)ねぇ、付きまといやめてもらえます?
女子)、、、
風磨)こいつ、メンバーのあなたなんで。
女子)ほんとだー!サインもらってもいいですか?
あなた)い、いいですよ、、、
風磨)あなた、あげんの!?めんどいぞ!?
あなた)こういうの初めてだから何か嬉しいの笑
風磨)そう、、、(優しすぎだろ)
1時間後
風磨)はぁ、、、やっとどっか行った。ほら行くぞ。
あなた)うん!
風磨)⚪⚪ー?これ。
あなた)何で下着?
風磨)あなたに似合うから
あなた)私に着てほしいの?
風磨)そう
あなた)絶っっ対やだ
風磨)もう高校生でしょ?いいじゃん。青春。
あなた)自分に自信がないの~
風磨)は?お前は充分可愛いって
あなた)なにその急な褒め
風磨)真実ですけど?
あなた)そういうこと言わないで、普通に照れる
風磨)笑