無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

345
2020/08/20

第12話

ピアノ
〜♪♪


ある日の昼頃、どこかの部屋からピアノの音が聞こえた。


音を辿りながら部屋を探す
あなた
ここかな…?
ガチャ
あなた
うわ…
広い部屋でSHOKICHIさんが黙々と弾いている。



風が入ってきてSHOKICHIさんの髪が揺れて、絵になるなと思いながらつっ立っていた。
SHOKICHI
SHOKICHI
どうした?



弾くのを止めて振り返って聞いてきた。
あなた
あ、えっと…ピアノの音が聞こえたから…ごめんなさい
SHOKICHI
SHOKICHI
なんで謝るの‪wおいで
ゆっくりとSHOKICHIさんの元に歩いていく。



ずっと笑顔で近くに来たら手を引いて椅子に座らせられる。



SHOKICHIさんは後ろからバックハグ状態
SHOKICHI
SHOKICHI
なにか弾ける?
あなた
きらきら星くらい?
SHOKICHI
SHOKICHI
一緒に弾こうか。
あなた
うん
〜♪♪
あなた
あれ?ここなんだっけ?
SHOKICHI
SHOKICHI
こうだよ
あなた
あーそっか
気づいたら夕方近くてどれだけ弾いたのかわからないけど楽しかった♡




SHOKICHIさんがピアノを引きながら歌ってくれて1人ライブをしてくれた。





EXILEだからやっぱり歌は上手かった