無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

371
2020/08/19

第11話

お迎え
学校が終わって約束通り家に帰ろうと校門を出たとき見慣れた車がある。


車に近づくと中からAKIRAさんが手を振ってる。
あなた
どうしたの?仕事は?
AKIRA
AKIRA
終わったから迎え来た。早く乗って
車に乗ると家とは反対方向に。
あなた
どこ行くの?
AKIRA
AKIRA
どこ行こうか‪w
あなた
あ、海行こ!なんか行きたい
AKIRA
AKIRA
海にレッツゴー!



海到着
あなた
肌寒いね
フサっ(上着を掛けてあげる)
あなた
ありがと////
AKIRA
AKIRA
照れた?ねぇ照れた?
あなた
照れてない!
裸足になって少し海に入った。
AKIRA
AKIRA
あなた、こっち来て
あなた
なーに?
グイッ
あなた
きゃ…びっくりするじゃん!
AKIRA
AKIRA
悪い悪い‪w
あなた
絶対思ってない
AKIRAさんの膝に座って向き合う感じになってる。
AKIRA
AKIRA
じー( ⚭-⚭)
あなた
なにか顔についてる?
AKIRA
AKIRA
……チュッ…チュッ…
あなた
ッ!?
見つめられてるなと思ったら急に深いキスをしてくる。


苦しくて胸を叩いてもなかなか離してくれない
あなた
あき…らさんっ…///
AKIRA
AKIRA
なに?
あなた
ハァハァ…苦しよ
AKIRA
AKIRA
俺は苦しくない。……顔真っ赤だけど興奮した?
あなた
してないっ!
AKIRA
AKIRA
なーんだつまんないの。もう暗いし帰ろ
あなた
うん




手を繋いで海を後にした。




ファーストキスが海なんてロマンチックじゃね?と思ったのは私だけのひみつ♡