無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
385
2020/08/21

第13話

コーヒー
あなた
苦い…
哲也さんに試しに飲んで?と言われて飲んだけど苦すぎ。



砂糖と牛乳をたっぷり入れて飲む。
哲也
哲也
ん〜あなたにも飲みやすいコーヒー…
あなた
コーヒー牛乳でいいから‪w
わざわざ自分用に飲みやすいコーヒーを作ろうとしてくれる。





でもね、朝から何杯飲まされてると思ってんの?



もうお腹タプタプだよ。
ケンチ
ケンチ
甘っ
ケンチさんが飲んでたのを手に取って飲み出した。
啓司
啓司
糖尿病になるわ!
哲也
哲也
よし、これなら!
あなた
…苦い……もうスタバ行く!
ケンチ
ケンチ
ダメだって。
SHOKICHI
SHOKICHI
ここに座って。
あなた
なんで束縛みたいなことするの?
思い切って聞いてみた。
啓司
啓司
あなたが大切だから。
そう言われた何も反応出来なくなる。



逃げ出したいのに逃げたら何されるかわからないからできない。
哲也
哲也
これなら絶対大丈夫!
あなた
……美味しい。
ほんとに美味しかった。    


少し苦いけど飲みやすいコーヒーだった
SECOND
……
あなた
どうしたの?そんなに見つめて



ネスside



あなたがほんとに笑ってるの初めて見たかも。

今までは強ばってたのに。
ネス
ネス
( * ॑꒳ ॑*)۶"ナデナデ
あなた
え?どうした?‪w
いつの間にか頭を撫でてた。



そんな顔もできるんだ
AKIRA
AKIRA
やっぱり外には出させられねぇ
SHOKICHI
SHOKICHI
もう学校退学しない?で、一生働かないで。
あなた
みんなおかしいよ‪w



あなただけが何か分かってない感じだった。




普通に笑えるんじゃん!もっとその笑顔見せてよね