無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

平日の1日(朝)
兄弟は同じ部屋で寝ている
永瀬 優太
 みんな〜
起きてー
永瀬海人
うーん
優にぃ、今日は早いね
永瀬紫耀
本当だよね笑
永瀬勇太
本当、本当笑
3人)え、勇太/勇にぃ起きてたの!?

永瀬勇太
いるわ笑
俺、そこまで影薄い?
3人)うん(・∀・)
永瀬勇太
う〜〜(T ^ T)
永瀬玄樹
どうしたの〜( ´・ω ก` )
今日みんな早いね
永瀬 優太
珍しく玄樹が遅いだけだよ
永瀬紫耀
じゃー、朝飯作るか
永瀬海人
にぃに達は学校の準備しないの?
永瀬玄樹
僕は、前日の夜に準備してるからな(  ー̀֊ー́ )✧

3人)俺もー
永瀬海人
えー 俺もそうするっ!
永瀬 優太
いや、海人はお眠さんだから
出来ないよ〜
永瀬海人
出来るよ!
子供扱いしないでよ(`Δ´)!
永瀬勇太
まぁ 海人は
学校の準備して来な
永瀬海人
はーい(ーдー)



永瀬 優太
ご飯出来たよー
永瀬玄樹
保育園組呼んでくる




永瀬玄樹
○○ー、廉ー起きてー
永瀬○○
うー あっこ
永瀬玄樹
はい、はい
永瀬廉
はーい(-o-)/


リビング 朝ごはん
みんな)いただきます!
永瀬紫耀
美味しー

みんな)ご馳走さまでした
永瀬勇太
廉ー、○○ー
保育園の準備しよっかー
永瀬廉
廉出来たー!
永瀬勇太
おっ早いねー
永瀬廉
○○の準備手伝ってあげる
永瀬勇太
2人で出来るかなー

2人)出来たー!
永瀬紫耀
今日は俺が2人送ってく
永瀬海人
行くよー

みんな)行ってきます
永瀬紫耀
危ないからお手手繋ごうね

保育園に着く
永瀬紫耀
お願いします
永瀬○○
バイバイ(ヾ(´・ω・`)
永瀬廉
バイバイ(ヾ(´・ω・`)




キリが無いので一旦切ります