無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

143
2018/05/28

第30話

ある日
桐山照史
あれ、今日あなた来おへんな
濱田崇裕
来るって言うてたよな
神山智洋
心配なら連絡してみたらええやん(笑)
あなたがちょっと来るのが遅いだけでうるさいねん、この2人(笑)
ぴろん
中間淳太
ん? 誰の?
小瀧望
俺やないわ
桐山照史
俺も違う
重岡大毅
俺もちゃうわ
誰かのスマホが鳴ってんけど、皆自分のやないって言いよる。
藤井流星
……んー…? 皆どないしてん?
中間淳太
寝てんたんか、流星。誰かのスマホが鳴ってんけど誰のか分かれへんねん
藤井流星
……あ、俺のや。ん?あなたから?
桐山照史
え、あなた!?
濱田崇裕
なんて!?
藤井流星
……『今日は行けん。友達と遊んでくる。ちなみに、相手はジャニーズではありません』やって
中間淳太
紫耀やろ、どうせ
重岡大毅
いや、違うかもしれへんよ
中間淳太
なんか知ってんの?
重岡大毅
この前紫耀が言うててん。あなたが男と楽しそうにしてたって。そいつ、かあくんって言うねんて
濱田崇裕
誰や、そいつ
藤井流星
……
流星が急に黙ってもうた。流星のあなた愛は半端ないもんな。