無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2人で
今日は金曜日。
祝日だから三連休!
まずは修学旅行の準備をはじめる。
あなた

パジャマ新しいの持っていきたいなー。

お母さんー!!!
修学旅行に持ってくパジャマ買いに行こ〜

お母さん
ちょっと今から地区の集まりがあるからいけないの。

お金渡すから買ってきてくれる?
あなた

わかった!

お金ありがとう!

行ってきまーす!

あなたは近くのショッピングモールに出かけた。
まずはよく行くブランドをみた。
パジャマは置いてないみたい。
パジャマをさがして回っているとそうせいがみえた!

あっちはまだ気づいてないみたい。
声をかけてみる。
あなた

そうせい?

そうせい
はい?
あ!あなたか!笑笑
あなた

そうせいも買い物しに来るんだね

そうせい
晩飯をな。
あなたはなに買いにきたんだ?
あなた

修学旅行に持ってくパジャマ買いに!

でもなかなか可愛いのが見つからなくてー

そうせい
俺、暇だから付き合ってやろっか?

あなたに似合うやつ選んでやるよ笑笑
あなた

ほんとー?

じゃあ行こ!

夢にもみてなかった。
そうせいに私のものを選んでもらえるなんて。

ダサくてもいい。そうせいが好きなのなら着れる気がする笑笑

こうしてショッピングモールを2人で歩くと、本当に付き合ってるカップルみたい。
そうせい
お!これなんかどう?
あなた

あー!かわいい!

いいね!!それにしよっかなー

迷ってるふりしてるけど実は買うに決まってる!笑笑
ちょっぴり予算オーバーだからその分は自分のお小遣いの中から。

あなた

ねー!せっかくだしプリクラとろ!

そうせい
俺とったことないからとってみようかな!
はぁ!もう、夢のような時間!
出てきたプリクラは半分にしてお互い財布にしまった。

私にとってこのプリクラは宝物。
あなた

今日はありがと!
わざわざ付き合ってくれて!

そうせい
いいよ。俺も暇だったし。
そうせい
そのパジャマ着たところ見たいな
あなた

ん?なんて言った?

そうせい
なんでもねーよ笑笑

じゃあな
あなた

ばいばい!!

修学旅行の準備完了!

ついに明日から修学旅行!!!


楽しむぞーー!