無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

修学旅行
ついに今日は修学旅行!
2泊3日で、今日はまず着いたら雷門にクラスのみんなで行って買い物したり。

2日目は班行動で、あなたの班は原宿に向かう!
かわいいものいっぱい食べたり見たり買ったりするのが夢だった!

3日目は自由!
ここで、そうせいと、さやと、行動できるとめっちゃ嬉しい!!!
早速、雷門に到着!
人がいっぱいいる中を歩いて行って人形焼きを買った。すごい美味しくて、クラス全員買っちゃうくらいの人気ぶり!

今日終了。
ホテルに戻るとさやと2人だから、ゆっくりできる。
お風呂に入ってパジャマに着替え、ベッドでは、修学旅行などで定番の恋バナをする。
さや
あなた、最近そうせいと仲良いよね〜?
あなた

そう?友達だよ!友達!

さや
なんか動揺してない?笑笑


好きだったりして笑
あなた

さぁ、どうだろうね〜笑笑

さや
えー!教えてよー笑
あなた

そんなさやは?
いるの?好きな人

さや
いるよ!(照)

学校違うけど保育園が一緒だった子。
あなた

そーなんだ。
その人とは会ってる?

さや
ううん。
保育園以来会ってないの。
でも今度保育園主催の同窓会があるから!
その時思いを伝えるつもり。
あなた

おお!すごいなー、さやは。

さや
あ!今の発言!!!!

あなたも告白したいなーてきな?笑
あなた

笑笑

あなた

実はね、そうせいと初めて会った時かっこいい!って思ったの。

さや
やっぱりー!
あなたのこと応援してるから!
あなた

でも、友達として仲良くなると、どうすればいいのかわからなくなる。

さや
修学旅行の3日目!
告っちゃいなよ!自由行動だから誘って!
あなた

さやは?

さや
違う子と行動するから大丈夫!
そうせいには「さやが体調悪くなって1人だから」って言ってお願いしてみて!
あなた

頑張ってみる!

そして、3日目。

運がいいことにそうせいと仲良い男子が体調崩してそうせいが1人になってた。
これはチャンス!
あなた

そうせい!1人?

そうせい
おう、そーなんだよ、
あなた

あなたも、さやが体調悪くなって1人だから。

そうせい
、、、
あなた

、、、

そうせい
、、一緒に自由行動行くか?
あなた

、、うん!

流れをつくってもなかなか一緒に行こうと言えなかったら、そうせいの方から誘ってくれた。
とりあえず、駅に向かいながらどこへ行くか話し合った。

ディズニーランドになった。
ディズニーなんて、男子と女子で行ったらますますカップルみたいになっちゃう。
でも、あなたはすごく嬉しかった。


到着。
平日だったので、割とすぐ入ることができた。
今日は3時までしか時間がないのに、もう10時。
アトラクションは一つだけ乗った。
そうせいと真横に座って、楽しかった。
お土産を買いに行った。
お互い欲しいものを自分のカゴに入れた。
せっかくそうせいと来たのだから、お揃いのものが欲しい。

でも、それが言い出せなくて、終わってしまった。
最後に2人で写真を撮ろうと、近くにいた人にお願いして、とってもらった。

「ハイ、チーズ!」


この、「ハイ、チーズ!」の間に、まさかのことが起こった。




そうせい
すきだよ
パシャ!
そうせいがとってもらった写真を確認してお礼をしてる。
私はかたまったままだ。
だって、大好きなそうせいに、告白されたのだから。
うそなのか、夢なのかと疑ってしまう。
無言のまま帰りの電車に向かって歩く。
そうせい
、、さっきの本当だから。

でも、取り消しでいいよ。
あなた

なんで?なんで取り消しなんていうの?

そうせい
だって、迷惑だろ?
いきなり言われて、、、
あなた

迷惑なんかじゃない、、、、

あなた

私も好き。

ついに言えた。しかも、そうせいから。

両思い。いや、両片思いだった。

そうせい
俺と、付き合ってください。
あなた

うん!ありがとう😊

そうせい
絶対離れんなよ
照れすぎて顔が真っ赤になったまま、満員の電車に乗り込む。

私の周りには人がいっぱい。

その瞬間、そうせいがあなたの前に来て守ってくれた。
すごく嬉しい。
さっきまでただの友達。そして、一目惚れから始まったただの片思いだと思ってた人と生まれて初めて付き合ってる。
集合場所には集まりかけていた。
‘さや’も、もういた。
さや
あなたー!どうだった?
あなた

さや!!
そうせいから告白されて、付き合えた!

はるか
え、あなた、そうせいと付き合ったの?
あなた

うん。まだ実感わかないけど。

はるか
別れた方がいいと思う
さや
ちょっとはるか!なんてこというの?

もともと仲良くて、お似合いじゃん!
あなた

はるか、どうして?、、

はるか
知らなーい
あなたは、なんとなく予想がついた。
はるかもそうせいの事好きだったのかも。