無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

どうして、
そうせいの彼女になったあや。
初めての彼氏がイケメン男子!
家ではニヤニヤが止まらず、親に心配された。
まだ報告できてないから、隠すのに必死。
次の日学校に行くと、そうせいの様子がおかしかった。
話しても返事はあるものの、そっけない。

何があったんだろう。
さや
喧嘩したの?
あなた

ううん。心当たりがないの。

さや
聞いてみたら?直接!
私は聞いてみることにした。
あなた

私何かした?そうだったらごめん

そうせい
あなたは悪くないよ。
でも、もう俺たち別れよう
あなた

どうして?、
嫌いになった?

そうせい
、、そう。
昨日付き合ったばかり。昨日は好きと言ってくれたのにもう、嫌いなの?。
ありえない。どうして、、
涙が止まらない。
やっぱり私に恋愛なんてできないんだ。
ただ遊ばれただけ。


でも、そうせいのこと、嫌いになるなんて無理だよ。どうしていきなり。
どうして?ねえ、どうして。

好きなのに。こんなに好きなのに
はるか
あなた!聞いたんだけど、別れたんだって?
あなた

うん。どうしてだろう

はるか
んー、嫌いになったんじゃない?
やっぱりそうなのかな、
はるか
あたし、告ろっかな!そうせいに。
あなた

え?

やっぱりはるかも好きだったんだ。
はるかが何しようと、わたしは関係ない。
そう言い聞かせるしかなかった。
はるか
あなたー!あたし付き合ったよー!

そうせいと!なんかごめんねー!
えへへ
あなた

そうなんだ、よかったね

私なんかよりはるかの方が良かったんだ。
そうせい、、、