無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

朝練してる時の姿
学校に着き。更衣室に行く。
と言っても、私は別に今回の大会には出場はしない。
理由はひとつ、後輩の実力を上げるため。


『おはよー。』

ロッカーを開けながら部活着を着る
すると、後ろから仲の良い、絵梨花が声をかける

「さっき、菅原くんと登校してたでしょー」

ニヤニヤしながらどうなのよと肘をつきながら聞いてくる。

『それが何、ほんと』

「ラブラブだねー(笑)」

絵梨花は大地が好き。けど、大地を好きな人は他ににまだ。

『あんたの方はどうなのよ』

「何もないよ。あんたより」

あたしはとりあえず更衣室から出ることにした