無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

誤解。
79
2017/09/24 08:17
まだ6時間目のはずなのになんで寧々ちゃんと泉ちゃんが…!?
しかも南くんと2人きりだから誤解されちゃう!!
朝倉泉
あなたってそうゆう人だったんだね〜!
坂本想愛の次は柊也くん??
てか、寧々の気持ちも考えなよ
私 さっき見ちゃったんだ〜2人で玄関出るとこ
土田寧々
ほんっとひどいよあなた…
柊也くん、寧々の事嫌いなの??
あなた

ち、違う!!!
私は南くんのはなしを聞いt

朝倉泉
あーああーあ。
そんな事言っちゃって〜
こうゆう写真もあるのにね??
そういって、ピンクのiPhoneの画面を私に見せてきた。
私が南くんにTシャツを渡しているときだ…
南柊也
あなたが書いてってゆーから書いただけ。
ってゆうかあなたを責めるとかお前らなんなの??
泉ちゃんが南くんを睨む。
お願い…2人ともやめて…!!
土田寧々
まず被害者は私だから。
柊也くんと私は付き合ってるのに、それを知ったうえで2人きり?
浮気じゃん。あなた最低。
柊也くん、こんなやつほっといて私といよう??
寧々ちゃんは南くんの手を握った。
南くんの左手。

…あれ??

南くんの左手になにかついてる…??

すると南くんは寧々ちゃんの手を振り払った。
南柊也
俺、性格良くないからズバズバゆうよ
土田さんに告白したのは俺からだけど正直顔で選んでた
転校した時に可愛いなって思っただけ
ごめん そして別れよう
土田寧々
うっそ、、柊也くん…
でも寧々は別れたくないよ…
お願い考えてくれない!?
朝倉泉
そうだよ!!
こんなあなたより寧々の方がよっぽどイイじゃん!
ごめんなさい、ごめんなさい…
坂本くんと昨日別れたばっかなのに
南くんと一緒にいて落ち着けて
気づけばもっと一緒にいたいって思ってしまってた。
でも、泉ちゃんと寧々ちゃんとはもう…
南柊也
ごめん
南くんはそれだけ言って、ひとり公園を出てった。
寧々ちゃんは泣いてた。
綺麗な寧々ちゃんの顔が涙でぐちゃぐちゃだった。
私が謝ろうとしたその時。
朝倉泉
覚えときなよ
泉ちゃんのカラコンを入れてる目がひどく怖かった。
そして泉ちゃんは、私の持っていたカバンのキーホルダーをちぎった。

水色のペロペロキャンディのストラップ。
泉ちゃんと夏休みに遠出したデパートでお揃いに買ったもの。

私は落ちたストラップを見つめた。
泉ちゃんが寧々ちゃんの手を引いて帰っていった。
私はその場に立ち尽くすしかなかった。
南柊也
…なにしてんの
泣くなよ
気づけば南くんが前に立っていた。
私は泣いていた。

すると南くんがまた私を抱き寄せた。
南柊也
ごめん。
俺のせいだよね。
でも俺はあなたが好きなんだ…
あなた

…みっみなみ…くぅん…グスッ

突然私の涙が止まった。

ふと。ほんとにふと思い出した。
南くんの、左手。
左手の薬指。

私は南くんをふりほどいて、南くんの薬指を見た。
あなた

…ハートのマークが付いてる

それは10年前以来の2人の再会だった。。