無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

613
2017/09/27

第3話

ムカついた
夏樹は陸上部だ
ある日体育館裏でこんな事を耳にした
モブ①
なぁ、夏樹ってさ
モブ①
胸でかいよなぁw
モブ②
ぁぁwそれなw通りかかった時触ってみてぇぇーww
モブ①
どんな反応するかなw
陽介
おい
モブ①
あ?
モブ②
何だてめぇ
バチン!!
モブ②
ったぁぁ!
モブ②は殴り倒された
モブ①
何してんだよ!てめぇ何年何組だ?
モブ①
叩き潰してやんよぉぉぉおお!!
ボコッ!
陽介はバットで殴られた
頭、体、たくさん殴られた
陽介
....ぇな
モブ②
あ?
陽介
面倒くせぇ...
陽介は殴りかかった
2対1の不利な状況、そしてバット、負けは確定だ
しかし陽介は互角の勝負を繰り広げた
モブ①
クソッッ!おいこれ以上は面倒だ、上に見つかる前に引くぞ
モブ②
御意。最後に一発!!
ドカッッッ!!
モブ①②は走り去って行った
陽介
っっ...!
いってぇぇ...。
モブ①②が行ってすぐ、陽介は倒れた。最後の一発がかなり強く、殴られた振動が頭に響く。割と血が出ている。
陽介
((体育館裏で助かったぁ...表だったら夏樹に見つかってたわぁ...てか血ぃ止まんねぇ...
そんな事を思いながら陽介は気を失った