無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

頼さん
今日は花火大会
加奈は着付け、メイクにこだわりたい!!と言ったので私は加奈の家に行く事になった
ピンポーン
はぁーーい
ガチャッ
出て来たのは加奈じゃなくていくらか年上の男の人だった
んぇーと加奈の友達?
あ、はい
君可愛いねぇーw(๑>◡<๑)
俺は頼。君の名前とLINE教えてぇー!
そんな会話をしていると頼さん?の後ろからバタバタ音がして
加奈
おいぃぃ!!クソ兄貴ぃぃぃ!!友達口説いてんじゃねぇぇぇよぉぉぉぉ!!死ねぇぇ!!
と言いながら加奈が頼さんに飛び蹴りした
ぐふぉぇぇ!!
頼さんは地面に倒れて
ちょっとぉぉぉw!何でお兄ちゃんの事蹴って暴言吐いてくるのぉぉ?!お兄ちゃんは敬いなさぁぁぁいぃ!
加奈
ハッッ!誰がクソ兄貴なんか敬うかよ!とりま藍に謝れ!!土下座しろ!「ナンパしてすいませんでした、もうしません。」って言えクソ兄貴!
ぇぇええ?!土下座は嫌だなぁぁwこの綺麗なお顔が汚れちゃう(๑>◡<๑)!wクソ兄貴って呼ぶのやめてくれよぉぉ!
加奈
もう兄貴は汚れてんだから変わんねぇよぉぉぉ!w死ねクソ兄貴w
また加奈は頼さんを蹴り始めた
ちょっっ!加奈ぁぁ!!着付けしに来たのに玄関で喧嘩しないでよwてか、頼さん?って加奈の何なの?
加奈
もぉぉぉ!!藍ごめんねぇぇ(*・~・)!このクソは私の3つ上の兄貴。頼って言うんだ。さ、早く着付けしよぉーか!
OK( ˙-˙ )!
着付けをしようと加奈の家に入ろうとすると
ちょっっ!待ってよぉ〜!酷くない?!お兄ちゃん蹴り飛ばして何事も無かったように家に入って行くなんてぇー!加奈、反抗期ぃぃぃ?w( *´艸)
加奈
あ?死ねクソ兄貴( ˙0˙ )
加奈
勝手に人ん家押しかけてくる奴が悪いんだよ👎バイバァーイw((´∀`*))
加奈はそう言い扉を閉めようとすると、頼さんが
ぇぇえ?!ちょっっ!何でもするから!!何でもするから入れてください!加奈様ぁぁあ!!
加奈はニヤリと悪い笑みを浮かべた
加奈
言ったな?んじゃまずコンビニでスイーツ買って来て( ˙-˙ )
え...?!わ、分かった買ってくるよ(^_^ 泣 )3
だから家に入れてね?
加奈
良いよ、10分な。10分以内に買ってこいよ(*・∀・)w
行ってきまぁーすw
頼さんは自転車を出して急いでこいで行った
加奈
さぁー!着付けしようか!メイク道具たくさん用意したから!(๑╹ω╹๑ )
はぁーい!