無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

恋話をしよう
花火大会は無事終わった
花火大会の2日後、私は加奈に浴衣を返しに行った
ーピンポーンー
加奈
はぁーい!
前のようにバタバタと階段を降りてくる音がする
ーガチャッー
加奈
いらっしゃぁーい!
ニコニコと笑っている加奈が出て来た
浴衣返しに来たよぉ〜
てか何でそんなに笑ってるの?良い事でもあった??
加奈
ねぇ、どうだったのよw?
え?何が?
加奈
もぉ〜察しが悪いんだからぁーwこの前の花火大会だよー!!
そのお話お兄ちゃんも聞きたいなぁー
( *´艸)てか2人共中入りな
加奈
げ!出てくんなって行ったじゃん!藍、私の部屋行こぉーw
こんにちわぁーw
OK!中で話そ!
お兄ちゃんもお菓子持って行くねぇーw( *´艸)
加奈
わぁーwお菓子だけで良いよーw兄貴は要らないなぁーw
w
話しながら部屋に入って行く
加奈
大河、何か言って来た?
んー特には無いけど綿あめ買ってくれた(๑╹ω╹๑ )!あと花火綺麗だった!
加奈
え?それだけ??
?うん?
突然ドアが開いた
ハロォォーー!!お兄ちゃんがお菓子持って来たヨォォーーー!
ありがとうございまぁーす!!
加奈
そしてさよぉーならぁー!w
やぁーーだぁーー!
無理くり加奈の部屋に入りベットへ飛び込む
ねぇ、大河とどうだったのよぉーw
んー花火見て綿あめ貰ったくらい?
加奈
意気地なしは何も出来なかったらしいww
何だぁーwあのピュアボーイ何も出来なかったのかよぉーw
恋話?を1時間ほどして帰りました