無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第16話

不安と意気地なし
藍は体育館まで来た
ダメだな...私
何やってんだろ...
ぼろぼろと涙が流れてくる
藍はバスケボールを握りダムダムとドリブルを始めた
あぁーあ、バスケ、懐かしいな...
小学校の頃、よく2人で...
流れる涙の多さに言葉が出なくなった
大河
藍!!
大河が体育館に入ってきた
ん...何?大河、どうしたの?
藍が大河を見ないようにしてしゃがみ、顔を下に向けた
大河
.....。
大河は黙って藍に近づく
ちょっっ!大河、あんま近づかないで...今私ヤバイかr..
愛の腕を大河がぐいっと引っ張る
大河
藍!!お前どうしたんだよ!?突然走っていって...ってえ?
大河
な、なんで泣いてんの?
だぁーから...今私ヤバイから近づくなって言ってんz..!!
大河は無言で藍に抱きつく
大河
泣き止めよ...
その、、なんで泣いてんのか知らないけど...
真っ赤な大河の顔と速い心臓の音が分かる
大河、顔、見せて?もう泣いてないから、さ?
大河
やだ///
藍が大河の顔を手でこちらに向ける
真っ赤だ...w
大河
うるせぇよ...
キスもしてないのにハグだけで赤くなってる...w
大河
顔が赤いのはお互い様じゃん?
しゃぁーねぇーだろ、人を好きになったのお前が初めてなんだからよ...///
ちょっ...それ恥ずかしいからヤダ..///
大河
で、なんで泣いてたんだ?
話せるか?
真っ赤な顔を傾けて聞いて来た
ん?ぁ..あのね、ちょっと不安になったんだ。
大河
不安?
うん、さっきさ、沢山のプレゼント貰ってて私の要らないかな?...なんて思ったり...
大河
そんなことねぇよ...!
大河は藍を見つめる
大河
そんなことない..し、むしろ欲しい...です?
藍はふっと笑い
ん!どーぞ!
赤いリボンのついた白い箱を大河に差し出した
大河
ぁありがとう...開けていい?
良いよ...///
ガサガサと開けてみるとそこには綺麗なハートのネックレスがあった
ハートの中心には青いダイヤのようなものがあり裏に T と彫られていた
大河
え?これマジ物のダイヤ?
ううん、マジ物は高くて無理w
ほら、私とお揃い...!
藍は胸元からピンクのダイヤが付いたハートのネックレスを出して見せた
大河
ありがとう、大切にする///
ん!!
藍は頷くと大河の頭をポンポンと撫でた
その手を大河はぐいっと引っ張って
大河
子供扱いみたいでヤダ...
そう言い藍に顔を近づけた
顔が近くなりびっくりして藍が目をつぶると
コツンとおでこをくっつけた
大河
ごめん、まだ恥ずかしくて無理///
...意気地なし
藍は大河を抱きしめた
大河
うるせぇな...
2人の心臓の音が交わり響く
ドクドク、ドクドク、と...。