無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

歓喜
「おーい、中島ー!」


は!っと私は我に返った、

ぼーっとしていたみたいだ。
先輩のことを考えていた。
昨日も先輩かっこよかったな〜!!!



実は昨日、先輩のメールのIDゲットしちゃったんだ!!!

返ったら早速、チャットしよ!
そういえば今日、部活あったっけ???


隣のクラスのあいかに聞きに行こう。

私は廊下にでた。
「あっ、ごめんなさい。」

って坂下先輩!!!


まさかの登場で顔は真っ赤に…














私の片想いは叶うのか⁈